返信を待つ

会話のキャッチボールをするようにしましょう

送れない事情がある

嫌われてしまうメールの一つとしてしつこく何度も送るようなことは避けるようにしましょう。

もっと自分のことを知ってもらいたいと言う気持ちが先行してしまって相手に返信されるよりもどんどん一方的にメールを送ってしまったら嫌われてしまいます。

社会人となって働いていたり学業が忙しい人だったりなかなか自分自身の携帯を見ることが出来ないと言う人もいます。会社によっては機密情報漏えいのために仕事中は携帯電話を一切持ち込んではいけないとされている会社もあります。

また仕事中に自分の携帯をいじるなんて出来ませんよね。

社会人同士の交流ともなれば朝の通勤時間にちょっとメールを送ったり昼休みに送ったり、会社帰りでのメールのやり取りぐらいしか出来ません。

仕事が終わってからになりますのでどうしても返信が遅れてしまうこともあるでしょう。

メールを送りたくても返信できない人もいるわけです。

それにも拘らずしつこく何度も送るようなことをしたり一方的に内容を送ったり、返信が来ないことに苛立ったりするようなメールを送ってはいけません。

相手も送られてきたメッセージにどれを返信していいのかわかりませんし、見るのも面倒ですよね。

相手がメッセージがきたら返信するというキャッチボールをしていきましょう。